SEAPAバスケット600

SEAPA バスケット600 の特徴

• 潮間帯・潮下帯での使用に適します
• 稚貝育成から出荷時までの使用ができます
• 取扱性に優れています
• 牡蠣以外の様々な貝養殖にも利用が可能です
• 中の牡蠣をしっかり守ると共に取出しも簡単です

複数のバスケットを連結させて吊り下げることができます。
取扱性・耐久性に優れ日本の養殖環境に最も適したモデルです。バスケットの構成部品は長寿命で、全て交換可能です。

バスケットメッシュ600 15L チューブ

※ バスケットのチューブ(胴体メッシュ部分)は、ストリームラインとプレミアムライン共通となります。
胴体部分と、両側のエンドキャップを組み合わせて、カゴ状に組み立てて使用します。
牡蠣のサイズにあわせて、メッシュは4段階のサイズがあります。

SEAPA 600 ストリームラインシリーズ

ストリームライン600の15リットルバスケットは、1998年以来オリジナルのバスケットとして延縄牡蠣養殖業界に提供実績があり、最も経済的で標準的なシリーズです。
エンドキャップ効率化(ノードアタイプ)を図っています。ストリームラインのドアなしエンドキャップのデザインは、最小限のフレームでできていますので初期の設備投資を削減することができます。

在庫管理の効率性を得るために、エンドキャップは、 一方の端部にドア付キャップ、もう一方がドアなしキャップを装着することが標準となります。 開口部が開くことで、在庫管理を簡素化することができます。

また、多段に連結できるドア付エンドキャップもあります。

SEAPA 600 プレミアム シリーズ

プレミアムは、最も汎用性の高い15 Lバスケットオプションです。
エンドキャップのデザインには、延縄の調節可能、ラックとレール、フロートの設置などの複数の養殖システムに合わせられるように多くの機能が含まれています。
一方の端部にエンドキャップはヒンジ式ドアになっており簡単に中身や在庫管理することができます。
多段式養殖に対応するため、垂直に安定して重ねることことができるような角ばったエンドキャップ枠のデザインは、重量の負荷分散はもちろん、地上で作業する際の省スペース化も考えてデザインしています。